どこで建てるのか

ハウスメーカーに建築会社、設計事務所、工務店など一戸建て住宅の建築を生業とする会社は数多く存在します。どこに依頼しても、新築の一戸建て住宅を建てることは可能ですが、トータルでかかる費用やサービスの内容などはまちまちです。

ハウスメーカーはプランニングから建築、アフターフォローまで一貫して行ってくれますが、どうしても価格が高くなりがちという特徴があります。ハウスメーカーは直接工事を行いませんし、基本的に協力会社が工事を担当しています。そのため、どうしても中間マージンが発生してしまいますし、割高な価格になってしまうことが少なくありません。

地域密着型の工務店や建築会社などの場合だと、直接自社で工事できる環境が整っていることが多いです。そのため、ハウスメーカーに比べるとお値打ちな価格で家を建てられることが多い傾向にあるといえるでしょう。ただ、ハウスメーカーほどアフターフォローが手厚くないことが多いので注意が必要です。設計事務所だとこだわりのある家づくりも可能ですが、別途施工会社を見つけなくてはなりませんし、家が完成するまでに時間がかかってしまうこともあります。このように、どこに依頼するかで価格や工期、その後のフォローなどが大きく変わってきます。

Copyright © 一戸建て住宅を建てるときのポイント, All rights reserved.