建売か注文住宅か

一戸建て住宅は、大きく分けると建売と注文住宅に分けられます。建売住宅は土地と建物がセットとして販売されている分譲住宅で、基本的にはすでに完成している建物を買うことになります。建築をしている途中に販売が開始されることもあります。注文住宅は施主と施工会社が打ち合わせを重ね、一から住宅を造り上げていくというのが特徴。

建売住宅のメリットとしては、わざわざ土地探しをしなくていいということが挙げられます。注文住宅の場合だと、まずは自分で土地を見つけなくてはいけませんし、ハウスメーカーや工務店はノータッチということがほとんど。スピーディーに住宅が手に入るというのは建売のメリットでしょう。また、すでに完成している建物なので、現物を見てから購入できるのもメリットです。

注文住宅の場合だと、間取りや設備機器などを自由に決められることが多く、理想的なマイホームを持てるというのが最大の特徴です。細かく仕様を決められることが多いですし、オンリーワンの家づくりも可能になるでしょう。デメリットとしては、建売よりも割高になってしまうことが多く、土地も自分で見つけなくてはいけないということです。それぞれのメリット、デメリットをきちんと理解しておきましょう。

Copyright © 一戸建て住宅を建てるときのポイント, All rights reserved.